アルテアロマティカ 国際アロマセラピスト連盟(IFA)認定校

国際アロマセラピスト連盟IFA
国際アロマセラピスト連盟IFA IFA Course Reg: 03/11/0159

ラストーンセラピーについて

マニュアルリンパドレナージュについて

学校見学&学校説明
随時受付中!
電話番号:099-222-1055
※かならず事前にお電話にてご予約をお願いします。

学校見学・説明等随時受付いたしております。まずはお電話にてお気軽にお問合せください。

講座スケジュール

アルテアロマティカ公式フェイスブックページ

アルテアロマティカ公式ブログ

アロマセラピーとLastone ストーンセラピーのESSENCE M

Joanna Hore(ジョアンナ・ホア)

特別顧問

2005英国研修 160549353_390279151071353_1133228331_nIMG_9388

【PROFILE】

JOANNA HOARE  was first introduced to Aromatherapy in the l970′s but it was not until l984 that she took a Diploma Course with the late Madame Micheline Arcier (one of the earliest pioneers of Aromatherapy), who became her inspiration and mentor.  Joanna joined the IFA at it’s inauguration in l985.

 ジョアンナ・ホア先生は、1970年代にはアロマセラピーについての知識を得ておられましたが、その後、恩師となるマダムアルシエ先生(アロマセラピーの初期の開拓者のお一人)に師事され、1984年にアロマセラピーの資格を取得されました。1985年にIFAが発足し、ジョアンナ先生はその会員となられました。

 

At this time Joanna owned a Beauty Therapy School and was teaching Anatomy & Physiology with Body Massage so it was not long before she was also teaching Aromatherapy  – this in turn became her greatest interest and she travelled the world teaching and examining and became well known in the Far East and Australia.    In 1985 she started her own College of Aromatherapy and was one of the first to be accredited to the IFA.

 当時、ジョアンナ先生は自身の経営する美容専門学校で、ボディマッサージに関する解剖生理学を教えておられ、間もなくアロマセラピーについても教鞭をとるようになられました。この時期、先生は世界中に講師あるいは試験官として赴かれ、特にアジア地域やオーストラリアで広く知られるようになりました。

 

Joanna became a Council member first in the l990′s and then again in 2004 when she was also elected IFA Chairperson  – one of her main objectives was to help the overseas members and schools to become closer to their ‘Mother organisation’ in London and to this end has made many visits overseas giving lectures, workshops and examining for the IFA.  This has now produced a closer link with the UK and also between countries.

 ジョアンナ先生は1990年代にIFA評議会メンバーになられ、2004年にはIFA会長に選出されました。彼女の主な目的の一つは、海外の会員と認定校を支援し、それらがロンドンに位置する母体組織とより密接になるよう協力することでした。その結果、講演や講習会、IFAの試験の実施のため、海外へ訪れる機会が多くなりました。

 

The idea of an Asian Conference was also born out of this link and the fact that in 2005, during her time as Chair, the IFA had a most successful two day Conference in London.

 

ジョアンナ先生がIFA会長だった2005年にロンドンで2日間にわたって開催された会議は大盛況で、この時、アジア地域での会議の開催案が視野に入れられていました。

 

Joanna worked as a volunteer at The Fountain Centre which is for cancer patients and their careers at The Royal Surrey County Hospital, Guildford.  This is most rewarding work and it is in this particular area and education that Joanna feels that she can still contribute significant knowledge and experience so that Aromatherapists can find other ways to use their skills.

 また、ジョアンナ先生はイギリス、ギルフォーフォードにあるロイヤルサリー州病院付属のがん患者さんのための施設において、ボランティアとしても活動されていました。

これは最も価値のある仕事で、この特定の領域と教育においては、ご自身のかなりの知識と経験をますます貢献することで、アロマセラピストがその技術を発揮できるので道を見出だせるのではないかとお感じになられています。

 

Probably the fact that Joanna used to be an air stewardess with BOAC in the 1950′s means that she enjoys the long flights to the Far East and Australia although perhaps she needs to take more rest with her essential oils on arrival and on her return because of jet-lag!

 もしかしたら、ジョアンナ先生が、1950年代英国航空のスチュアーデスでいらっしゃったという経歴が、先生が極東アジアやオーストラリアへの長時間のフライトを楽しめている一因かもしれません。

 しかし、ジョアンナ先生は、飛行機の到着時や帰国の折りの時差ボケ対策に、精油と共にもっと休暇をとる必要がありそうですね!

 

  カテゴリー: 講師・スタッフ紹介